男性と女性の薄毛の原因と対策の違いについて

男性と女性の薄毛の原因と対策の違いについて

男性と女性の薄毛の原因と対策の違いについて

男性は年齢を重ねるごとに髪の毛が薄くなることは想像できますが、女性の場合でも男性のように薄毛になってしまうこともあるのです。ですが男性と女性の薄毛の原因は大きく違ってきます。そのため対策方法も変わってきますので、今回は男性と女性の薄毛の原因と対策についてまとめます。

 

まず男性の場合は、男性ホルモンであるテストステロンというホルモンが大きく関与してきます。このテストステロン自体は、体を男らしくするために働くホルモンですが、その一方でテストステロンがある酵素と結合することで髪の毛の発達を阻害する因子へと変化をしてしまうのです。この変化した因子が増えてしまうと抜け毛の原因になってしまいます。

 

では女性の場合はというと、女性の場合は主に女性ホルモンの変動によって起きます。女性は生理や妊娠・出産・更年期などさまざまなところに女性ホルモンが活躍しますが、この女性ホルモンが崩れると抜け毛がひどくなってしまい、髪に元気がなくなり薄毛へとなってしまいがちです。また男性と比べて髪の毛を染めたりパーマをかける機会も多いので、そのせいで髪が傷んでしまい抜けてしまうこともあります。さらにストレスも大きく関わってきます。ストレスにより体の血の巡りが悪くなると、頭皮の血流も低下してしまい毛根にまで栄養が届かずに毛が抜けてしまいがちです。

 

それではこのように原因が違う男女別の薄毛対策を紹介します。まず男性の場合はこのテストステロンが変異したホルモンを除去することで薄毛を改善させることができるのです。除去する方法はこのテストステロンを抑制する薬を内服することです。しかし副作用なども報告されているため、まずは副作用がない育毛剤から始めてみましょう。育毛剤でも無添加の商品を選ぶことで頭皮へのダメージを最小限に抑えつつ、頭皮ケアをすることができます。

 

女性の場合は、まずは髪に負担がかからないようにパーマや髪を染める行為は定期的には行わずにある程度期間を置いて行うことが大切です。またストレス発散を行いましょう。ストレスを溜め込みすぎると女性ホルモンはすぐにバランスを崩してしまい余計に薄毛が悪化しますので、自分にあったストレス発散方法を見つけてみることをおすすめします。