実はコラーゲンの減少が薄毛の原因を作り出す

実はコラーゲンの減少が薄毛の原因を作り出す

実はコラーゲンの減少が薄毛の原因を作り出す

薄毛の原因はホルモンバランスの乱れや、遺伝が原因という見解が一般的になっていますが、実はコラーゲンの減少が薄毛の原因を作り出すことが解明されています。

 

 

これは東京医科歯科大学の研究によって、判明したものです。

 

 

毛を生み出すために必要になるのが、毛包と呼ばれる部分です。毛の根元付近にあるもので、血液から栄養を補給して、健康的な毛を生やしてくれます。

 

 

薄毛対策で、毛包を活性化させることが重要であることは以前からわかっていましたが、この毛包を作り出す、幹細胞に着目してマウス実験が行われました。結果、幹細胞が傷つくことで、17型コラーゲンを分解してしまう酵素がたくさん分泌され、毛包が小さくなることが判明しました。
今までは男性ホルモンが変異することで、薄毛を促進するという知識がまかり通っていましたが、今回の実験では男性ホルモンとはまた別の原因で、毛包が衰えてしまい、薄毛を招くことが解明されたことになります。

 

 

男性ホルモンを原因としませんので、男性だけでなく、女性も薄毛の症状に悩まされるようになります。年齢を重ねるほど症状が深刻化するのも、17型コラーゲンの減少が関係しているといえます。幹細胞のDNAの傷は、若いうちなら身体の修復力によって自然に回復させることができます。しかし、年齢を重ねると修復力が低下しますので、傷が残ってしまい、薄毛の原因を作り出しやすい環境に変化してしまいます。

 

 

放置していると毛穴自体がなくなり、毛が生えてこなくなりますので、いつまでも若々しい頭髪を維持するためにも、有効成分のコラーゲンを体内にしっかりと蓄えることが重要になります。

 

 

しかし、その有効成分が配合されたサプリメントや化粧品などでは、残念ながら薄毛対策に直接的には働いてくれません。それよりも体内に増えすぎた活性酸素を減少させることが、薄毛対策に繋がります。コラーゲンは外から摂取するよりも、体内で育てることが重要です。これをサポートしてくれるのが、ビタミンCです。

 

 

ビタミンCには抗酸化作用があり、活性酸素が体内に増えすぎた時には大量消費されます。そのため、毎日十分な量を摂取することが、薄毛対策の鍵を握ります。

 

 

サプリメントなどを有効活用して、たっぷりとビタミンCを摂取しましょう。また、口から取り込むばかりでなく、頭皮から直接栄養を届けてあげると、効率よく幹細胞を元気にしてくれます。ビタミンCが配合された育毛剤の利用がおすすめです。